SRS
(手術室統合映像システム)

SRS×GRANMATE

システム特徴

簡単な手術映像の録画

手術・検査映像などの録画・編集・管理などを簡単に実現!
動画を用いた症例データの比較やプレゼン作成を強力にサポートします。

使いやすい画面と、充実の編集機能

長時間の手術動画から、開始と終了を画面上で指定し必要な部分を簡単に切り出せます。
プレゼンおよび学会発表用等の動画を手術後に簡単に作ることができます。
録画したデータはすぐに再生、フレーム単位・秒単位での位置制御、再生制御等、多彩な操作が簡易に可能であり、見たい部分をすばやく再生できます。手術や検査の際に快適に使って頂く為の、タッチ操作を基本とした優れたGUI(ユーザーインターフェース)を搭載しています。

便利な手術映像の管理

手術映像をわかりやすく一元管理、手軽に検索・閲覧。
録画した動画はサーバーに保存し、データベース化して管理します。

確実なデータ管理

録画前に氏名および患者コード等の患者情報と医者情報を入力する手順担っているため、患者情報と映像データの一体化した管理が可能です。

検索・閲覧機能

保存された動画・静止画はネットワークを介してデータを検索し、必要な動画を再生・ダウンロードすることが可能です。
データ検索操作は、Webブラウザを用いて行うため、ソフトウェアのインストールや設定も不要です。

見たい映像にいつでもアクセス

Webブラウザでサーバーにアクセスし、日付・患者ID・氏名・執刀医などから、目的のデータの検索が行えます。
また、検索項目を入力すれば、病名や術式、コメントなどでの検索の可能です。
検索結果をWebブラウザの「お気に入り(ブックマーク)」に登録すれば、再検索の手間を省き、重要なデータを忘れずに活用することができます。

映像の二次利用

検索結果から動画・静止画・動画クリップ一覧の確認が行えます。
動画はストリーミング再生のほか、目的・用途に合わせたフォーマットで再加工およびダウンロード可能です。

システム概要

システム概要図

主な機能

ライブ映像の録画制御、自動エンコード(圧縮)、サーバ転送

医療器機や撮影カメラからの映像・音声入力を自由なタイミングでRec、Pause、Stopできるシンプルなインターフェースで操作を行います。
撮影と同時に最適な圧縮作業が行われ、ストリーミングやファイルサーバに転送されます。

アーカイブ映像の登録

コンピュータでビデオ編集を行ったムービーデータを統合管理することができます。
登録する映像を参照しながら手術・検査台帳から、「患者名・手術日・執刀医」を特定するだけのシンプルな手順でWebブラウザから動画配信を行えます。

様々なエンコード形式に対応

利用目的に応じて様々なエンコード形式で複数登録できます。

例)
1.WMV9、H.264 320x240px 500kbps
2.WMV9、H.264 640x480px 2Mbps
3.WMV9、H.264 1280x720px 6Mbps
4.WMV9、H.264 1920x1080px 10Mbps
用途別に構築されたサーバに振り分けてデータを自動保存します。

Webブラウザでの運用

映像へのアクセスは、マルチプラットホーム対応でWebブラウザより行います。
ユーザは院内ネットワークに接続されたパソコンで映像を閲覧することが可能です。
さらに、インターネットに公開できる機能で、外部からも映像を閲覧する運用もできます。

ライブストリーミング

インターネットを通じでライブ映像を配信しながら、その撮影終了と同時にムービーデータをアーカイブする運用が可能です。
現在、行われているカンファレンスや手術をLANやインターネットで配信し、終了後には記録映像としてすぐに参照することができます。
ストリーミング形式で配信されることから、映像は保存されることなく安全に、複数の端末から同時に参照することが可能です。

システム構成

手術室のライブ映像を院内・インターネットで配信し、医局でDVD-R・DVテープに蓄積されたビデオ映像を統合して運用するシステム構成例です。手術カメラの映像コントローラーなど医療機器から出力される映像は、デジタル(HDMI、DVI、IEEE1394)・アナログ( S端子/BNC)それぞれに対応し、複数の手術室にも対応した構成で運用できます。

システム構成図
お問い合わせ
pagetop