医療関係者向け情報ページについて

ここから先は「医療関係者向け情報ページ」となります。

医療関係者向け情報ページは弊社取扱製品に関する情報を医療関係者、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。

一般のお客様、ご利用者様への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

ピュアバリア(医療関係者向け資料)
使用方法・配合成分

ピュアバリアの使用方法

使用方法・使用量の目安

適量を手に取り、やさしくお肌に伸ばし、なじませてください。
真珠大(直径6mm程度約0.2g)の量で、ひじから手首までの内側一面に塗布できます。

使用上の注意

  • ・ご使用後はキャップをきちんと閉めてください。
  • ・目に入った場合はすぐにぬるま湯か水で洗い流してください。
  • ・天然成分を配合しているので、熟や光により色や香りが変化することがあります。
  • ・直射日光にあたるところや、極端に高温・多湿のところには置かないでください。
  • ・乳幼児の手の届かないところに置いてください。

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをお勧めします。

  • ・使用中、赤み・はれ・かゆみ・刺激・色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が現れた場合
  • ・使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

ピュアバリアの主な使用シーン

ピュアバリアの主な使用シーンです。医療分野に限らずさまざまな用途でご使用いただけます。

ピュアバリアの主な使用シーンのイメージ

ピュアバリアの成分

水、BG、グリセリン、エタノール、トウキエキス、シャクヤクエキス、センキュウエキス、ジオウエキス、オウレンエキス、オウバクエキス、オウゴンエキス、クチナシエキス、(アクリル酸ブチル/イソプロピルアクリルアミド/ジメタクリル酸PEG-18)クロスポリマー、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ポリソルベート60、スクワラン、ペンチレングリコール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、オキシベンゾン-4、キサンタンガム、アルギニン、加水分解コラーゲン、銀、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、水添レシチン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、1,2-ヘキサンジオール、トコフェロール

植物混合エキスとは?

トウキ、シャクヤク、センキュウ、サンシシ(クチナシ)、オウレン、オウゴン、オウバク、ジオウの八味を配合した保湿作用に優れた混合エキス[温清飲]です。混合植物エキスは皮膚に潤いを与え、肌をすこやかに保ち、肌荒れ・乾燥を防ぐといった効果が期待できます。

植物混合エキスのイメージ

イラストは小川香料株式会社様WEBサイトより引用させていただきました。
https://www.ogawa.net/guide/image/og_series.pdf

お問い合わせ
pagetop