医療関係者向け情報ページについて

ここから先は「医療関係者向け情報ページ」となります。

医療関係者向け情報ページは弊社取扱製品に関する情報を医療関係者、医療従事者の方へご提供することを目的として作成しております。

一般のお客様、ご利用者様への情報提供を目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

ピュアバリア(医療関係者向け資料)
お客様の声

お客様の声

透析看護師(神奈川県)

肌荒れのためにテープが貼れなかった患者さんがピュアバリアを使用してからテープが貼れるようになりました。保湿と被膜がいいみたいです。その後周りの患者さんにも高評価で院内で多くの方がピュアバリアを使用するようになりました。

訪問看護ステーション看護師(東京都)

ご高齢の方はお肌の乾燥など多いこともあり、肌荒れを起こしやすい状態です。 疼痛性の貼付剤を使用するときに使っています。

小児科看護師(東京都)

CSVカテーテルを2週間続けて使用するときはフィルムを張り続けることになります。 小さいお子様方は肌が弱いので肌荒れ予防になっています。

患者のご家族(茨城県)

認知症の貼付薬(パッチ剤)を毎日貼り、かぶれてしまうことがありますがピュアバリアを使用してかゆみを起こすことがなくなりました。 塗る範囲が小さいので5gを愛用しています。

理学療法士の声(北海道)

バレエ選手の患者さんは同じところにテーピングを貼るのですがどうしても肌荒れを起こしてしまって困っています。ピュアバリアを使用してからは赤みもなくなり、塗布後にテーピングをしてもぜんぜんずれないので今は予防のためにも欠かさず使っています。

臨床工学技士(神奈川県)

患者さん(男性)が穿刺部に使用していたらとても気に入った様子で、乾燥が多い四肢や背中など全身に使用している。伸びがよくてべたつかないところが使いやすいみたいです。

透析看護師(東京都)

ホルター心電図で使用している。夏場の汗のむれによる肌荒れにピュアバリアの被膜がべたつかないのでいいです。

透析看護師(栃木県)

局所麻酔テープを使用している患者さんは肌荒れのケースが多く、その方たちはとても気に入って使用しています。使い続けていると肌荒れをおこさなくなっている感じがします。

お問い合わせ